薬価引き下げがないと総売上高で6.9%増

11年医薬品売上高、トップはアリセプト

医薬品市場調査会社のIMSジャパンがこのほどまとめた2011年の市場統計によると、エーザイのアルツハイマー型認知症治療薬アリセプトが1442億円(前年比14.9%増)を売り上げ、初めて国内医療用医薬品の年間売上高のトップとなった。
同薬は昨年1-3月に、四半期ベースでトップに立って以降、4四半期連続でトップを維持。昨年は約10年ぶりにアルツハイマー型認知症の新薬4製品が相次いで発売された。さらに11月には、アリセプトに後発医薬品が参入したものの、10-12月も16.3%増となり、年間で2ケタを超える伸長だった。

このほか、年間売上高が1000億円を超えたのは、
▽武田薬品工業の高血圧症治療薬ブロプレス、1288億円(9.1%減)
▽ノバルティスファーマの高血圧症治療薬ディオバン、1201億円(10.6%減)
▽アステラス製薬の高脂血症治療薬リピトール、1090億円(0.5%減)だった。

薬効別ランキングでは、アリセプトを含む中枢神経系用剤が2759億円(15.2%増)で10位となり、トップ10入りを果たした。
アリセプトと同じコリンエステラーゼ阻害薬で、昨年3月に発売された武田のレミニールは22億円、唯一のパッチ剤として7月に発売された小野薬品工業のリバスタッチは8億円、ノバルティスのイクセロン(リバスタッチと同一成分)は6億円を売り上げた。また、アリセプトと異なる作用機序を持つ、6月発売の第一三共のNMDA受容体拮抗薬メマリーは65億円で、4製品で最も高い売上高となった。

薬効別ランキングトップのレニン-アンジオテンシン系作用薬(高血圧症治療薬)では、ブロプレス、ディオバンがともに売り上げを減少させる一方で、武田のユニシア配合(ブロプレスとアムロジピン)が166億円(721.0%増)を売り上げるなど、配合剤が大幅に売り上げを伸ばした。

また、上位10薬効のうち、前年比16.7%増と最も成長率が高かった6位の糖尿病治療薬の中では、MSDのDPP-4阻害薬ジャヌビアが527億円(330.7%増)と大幅に伸長し、同治療薬の中で前年9位からトップに立った。
一方、前年トップだった武田のインスリン抵抗性改善薬アクトスは416億円(23.6%減)と2ケタの減少だった。

■国内医療用医薬品市場は7%の伸長
11年の国内医療用医薬品市場の総売上高(薬価ベース)は、薬価改定による薬価の引き下げがなかったため、9兆4816億円(6.9%増)と伸長した。
市場別では、病院市場(病床100床以上)が3兆7017億円(6.0%増)、開業医市場(病床100床未満)が2兆2940億円(6.6%増)、薬局その他市場(主に調剤薬局)が3兆4858億円(8.0%増)と、いずれの市場も増加した。

【キャリアブレイン】




ここにメス入れないで歯科をいじめてどうなるのでしょうか。
また、薬価引き下げがないと総売上高で6.9%増となることが分かりました。
by kura0412 | 2012-02-20 17:15 | 医療政策全般 | Comments(0)