昨夜友人と番組を観ました

歯科インプラント トラブル急増の理由

自分の歯のようにしっかりかめるように画期的な治療法として、歯が抜けた人の1割に普及しているという歯科インプラント。ところが、顎の骨に金属の土台を埋め込む手術をする際、歯科医師のミスや技量不足のために大量出血したり、麻痺が残ったりするトラブルが相次いでおり、死亡事故も起きた。国民生活センターは5年間で2000件の相談が寄せられたとして、先月、行政や医師会などに早急な対策を呼びかけた。
インプラント治療は自由診療で、標準的な治療方法が定められていない。保険診療と違って監督官庁の監視も届きにくく、十分な技術を持たない医師が、高い治療費をとれるインプラントに安易に走っているという指摘もある。そこで、学会では治療のガイドラインの策定に着手。一部の大学では、授業を新設して、治療の技術とモラルを向上させる取り組みを始めた。また、自由診療とはいえ、何らかの規制・監督が必要な時期に来ているというという声が高まっている。インプラント治療のトラブルの実態と対策を報告する。

【NHKクローズアップ現代】



昨夜この番組を業界でない数人の友人と観ました。
国民生活センターだけで5年間で2000件の相談ということは、トラブルの実際数は相当な数に及んでいるものと推測できます。
また、NHKですら誤認しているここにある「医師会」という言葉が、現在の歯科界の課題であることも改めて分かりました。そして、この問題の根底にあるものにスポットを当てて考えなければ本当の解決策にはなりません。
by kura0412 | 2012-01-19 11:20 | 歯科 | Comments(0)