社保審も両論併記で

医療保険部会が論点整理、両論併記目立つ- 厚労省「与党の議論に委ねる」

社会保障審議会の医療保険部会(部会長=遠藤久夫・学習院大教授)は5日、政府・与党の社会保障と税の一体改革成案に関する7月以降の議論を整理した。受診時定額負担のほか、高齢者医療制度など多くの項目を両論併記や、「引き続き検討する」といった慎重な書きぶりにとどめており、厚生労働省の担当者は「与党の議論に(結論を)委ねる」としている。

厚労省はこの日の部会に、▽高齢者医療制度の見直し▽医薬品の患者負担▽後発医薬品の使用促進―などの項目を追記した論点整理案を改めて示した。

案では、高齢者医療制度の見直しについて、同省の「高齢者医療制度改革会議」が2010年12月に行った最終とりまとめを踏まえて検討した結果、「最終とりまとめで示された方針に沿って着実に行っていくべき」との意見が出た一方で、「同制度は既に定着しており、拙速に新制度に移行して混乱を招くことがないよう現行制度の改善により安定的な運営に努めるべき」との指摘があったことを明記した。
後発品の使用促進では、政府が掲げている12年度の後発品の数量シェア30%の目標に向け、診療報酬上の評価や患者への情報提供、処方せん様式の変更、品質確保といった総合的な促進策を図るとした。
また、政府の行政刷新会議が行った「提言型政策仕分け」の取りまとめに盛り込まれた、先発品と後発品の薬価差額の一部を患者負担することについては、「過度な患者負担を求めるべきでない」との慎重意見があるとし、引き続き検討するとした。
このほか、市販医薬品の価格水準を考慮した、医療用医薬品の患者負担の見直しについても、「診療報酬体系が複雑化する恐れがある」「過度な患者負担を求めるべきでない」といった意見とともに、医療用と市販の使用方法が異なることを理由に負担を比較することは困難といった慎重な意見を列挙し、引き続き検討すると記述している。

【キャリアブレイン】




中医協も社保審も両論併記となれば、最終的判断は政治判断に委ねれることになります。
by kura0412 | 2011-12-05 16:42 | 医療政策全般 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30