厚労省も攻撃されました

厚労省サーバーがウイルス感染=端末1万台、一時ネット接続停止

厚生労働省の労災業務を管理しているサーバーがコンピューターウイルスに感染し、同省が点検のため各地の労働局などの端末約1万台のインターネット接続を停止していたことが30日、分かった。厚労省は同日接続を再開し、「業務には支障はなかった」としている。
厚労省によると、福岡労働局の職員が25日、企業のホームページを閲覧したところ、端末上でウイルス検索のような動作が始まった。職員が不審に思い、調査の結果、サーバーがウイルス感染したことが分かった。 

【時事通信】



厚労省も攻撃されました。
規模が大きくなればなるほどその被害はハッカーの対象となってしまいます。
by kura0412 | 2011-11-30 14:27 | 医療政策全般 | Comments(0)