受診時定額負担制、両論併記ー最終判断は野田首相か

受診時定額負担制、両論併記で…民主作業チーム

民主党医療・介護作業チームは22日午前、外来患者の窓口負担に一律100円を上乗せする「受診時定額負担制度」の導入の是非について、両論併記とする医療制度改革の素案をまとめた。
党の「社会保障と税の一体改革調査会」が素案を踏まえた議論を行い、12月上旬にも結論を出す。

素案では、定額負担制度について、「導入に否定的な意見が圧倒的に多かった」とする一方、医療費の自己負担が高額になる患者の負担軽減策の財源として想定されていることから、「選択肢としては排除するべきではない」との賛成意見も盛り込み、導入の可能性を残した。
また、2012年度の診療報酬改定に関し、「10年の参院選公約で引き上げに取り組むと記載されていることを踏まえた対応を政府に求める」と明記した。

【読売新聞】



最終判断は野田首相に委ねれるのでしょうか。
by kura0412 | 2011-11-24 13:13 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30