特措法見直しの動きが

政府税調:医師優遇税制見直し「大綱で方向性」目指す

政府税制調査会(会長・安住淳財務相)は16日、医師や病院などの税制優遇措置を縮小・廃止する検討に入った。
所得税や法人税の納付額を算出する際、実際の経費以上の額を経費として認めるケースが多く、会計検査院から改善を求められていた。厚生労働省は見直しに慎重で、12年度税制改正で具体的な縮小・廃止にまで踏み込むのは難しいが、政府税調では12月にまとめる12年度の税制改正大綱で将来の見直しの方向性を盛り込みたい考えだ。

優遇措置は、年間の診療報酬(保険診療の対象分)が5000万円以下の小規模な開業医や医療法人が対象。「納税事務が多いと、医療業務に支障が生じかねない」との理由から、実際にかかった経費の代わりに、診療報酬に応じて57~72%を「概算経費」とみなすことができる制度が採用されている。診療報酬から経費を差し引いた額が、開業医の所得税や医療法人の法人税の課税対象の所得(課税所得)となるが、実際の経費をもとに納税することも可能だ。
しかし、会計検査院が全国54税務署を通じて調査したところ(1)概算経費率(平均70・4%)と実際の経費率(同51・5%)の差が大きい(2)適用者の多くが実際に経費を計算したうえで、概算経費と比べて有利な方を選択している(3)健康保険の対象でない高額な自由診療で所得を得ているのに、特例の適用を受けているケースがある--など問題点が判明。改善を求めた。
復興増税や社会保障改革に伴う消費税引き上げなどで国民負担増を求める中、政府税調内では「節税に使われるのは問題」との声も強く、12年度税制改正大綱で「今後の課題」として見直しの方向性を示すことを検討する。

【毎日新聞】




私の周囲にはこの制度を利用している先生はいないのですが、特に今回問題を指摘されたのは、自由診療の割合が大きく、保険診療が少ないドクターでこの制度を利用しているケースです。
今回の会計検査院の報告書をみると、歯科だけでない医科の方でも随分自由診療を行っているのに驚きます。
by kura0412 | 2011-11-18 18:12 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30