見送りの旗を降ろさないまま

「不合理」な診療報酬項目の見直しを要望- 次期診療報酬改定で日医

日本医師会は10月12日の記者会見で、2012年度診療報酬改定で見直しが必要な重点項目を発表した。日医は前回の診療報酬改定で、「医療費が大規模病院に偏在し、地域医療が危機的状況に瀕している」と指摘、診療所や中小病院への診療報酬上で生じている「不合理」を是正する必要があるとしている。

重点項目には、▽再診料および地域医療貢献加算の見直し▽有床診療所の入院基本料の引き上げ▽一般病棟入院基本料15対1の引き上げ▽在宅療養支援診療所、在宅療養支援病院とそれ以外の在宅点数格差是正▽在宅ターミナルケア加算の見直し―などを盛り込んだ。
再診料および地域医療貢献加算の見直しに関して、記者会見した中川俊男副会長は、「再診料は診療所、中小病院にとり重要な原資。以前の診療所の水準に戻し、最低でも前回改定における入院医療費改定率相当の引き上げを求める」と述べた。また、有床診療所の入院基本料の引き上げを求める理由については、「介護施設よりも密度の濃い医療を提供していながら、介護施設よりも評価が低いのは不合理である」と説明した。

【キャリアブレイン】



日医のW改定見送りの旗は未だ降ろしていない中でのこの要望です。どんな戦略をもっての考えなのかよく分かりません。
by kura0412 | 2011-10-13 11:04 | 医療政策全般 | Comments(0)