W改定は前回同様の流れに

【中医協】来年度報酬改定、流れは前回同様

中央社会保険医療協議会(中医協、会長=森田朗・東大大学院教授)は9月7日の総会で、来年度の診療報酬改定に向けた検討スケジュールを決めた。社会保障審議会の医療部会、医療保険部会が12月上旬までに診療報酬改定の基本方針を固めるなどで、2010年度に行った前回改定の流れを踏襲する。厚生労働省が、同日の総会にスケジュール案を提示し、了承された。

スケジュールによると、診療報酬改定率を12月に内閣が決める。中医協はこれ以降、診療報酬の点数配分の議論を本格化し、来年2月にも報酬改定を厚労相に答申する見通しだ。
今後は、同省が医療経済実態調査の結果を10月の中医協総会に報告。11月には、DPC評価分科会が検討結果を報告する。
同省は、9月下旬に開かれる次の総会で、「外来」や「精神医療」など、具体的な項目ごとの検討スケジュールを示す方針だ。
政府が今年6月にまとめた社会保障と税の一体改革の成案では、現在の一般病床を2015年までに「高度急性期」「一般急性期」「亜急性期等」などに再編するなどの方向性を掲げており、来年度の診療報酬改定は、これらを踏まえたものになるとみられる。

【キャリアブレイン】



昨日傍聴した日歯代議員会での執行部の発言でも、これを受けてW改定への積極的な取り組みの姿勢を感じました。
しかしなががら、日医は未だ改定延期の姿勢は表面上は崩してはいません。果たして、どんな目論見があるのか、そして今後どう対応するのでしょうか。
by kura0412 | 2011-09-09 16:06 | 医療政策全般 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30