新たな居座りの理由が出来ました

首脳級会合への出席要請へ=国連事務総長、菅首相と会談

菅直人首相は8日夕、首相官邸で国連の潘基文事務総長と会談する。福島第1原発事故を踏まえ、潘事務総長は、9月22日にニューヨークで開催する原子力の安全に関する首脳級会合への日本の首相の出席を要請する見通し。民主党執行部が今月末までの延長国会中に首相退陣に道筋を付けることを目指す中、菅首相がどう応じるかが注目される。
会談では、7月に独立した南スーダンの安定化についても協議。潘事務総長は同国に展開する国連平和維持活動(PKO)への陸上自衛隊の派遣を要請するとみられる。
潘事務総長はこの後、都内の外務省飯倉公館で松本剛明外相とも会談する。

【時事ドットコム】



菅首相にとっては格好の居座りを続ける理由が出来ました。今週が赤字国債特例法案の大きな山になるだけに民主党執行部(本来ならば当然菅首相のその先頭でしたが)にとっては頭の痛い問題です。
by kura0412 | 2011-08-08 14:56 | 政治 | Comments(0)