私立医科大と薬科大が統合へ

大阪医大と薬科大統合へ 全入時代生き残りかけ 協議本格化、医薬系私大で初

関西の歴史ある独立医療系大学の大阪医科大学(大阪府高槻市)と大阪薬科大学(同市)をそれぞれ経営する学校法人が、平成26年度中の統合に向けて協議を進めていることが3日、関係者への取材で分かった。文部科学省によると、医科と薬科の大学を運営する私立の学校法人同士が経営統合されれば、戦後初になるという。少子化による「大学全入時代」を迎えた中、比較的経営が安定している医療系大学も激しい競争にさらされており、両大学は、他大学に先駆けた統合で、教育環境と経営基盤の強化を狙う。
両大学は明治~昭和初期にそれぞれ創立した老舗の医療系。ともに高槻市にあることなどから、平成16年4月に学術交流の協定を締結するなど、かねて幅広い分野で交流している。

関係者によると、両経営法人の統合協議は昨年末から本格化。法人を一本化する一方、両大学については名称を変更せずにそれぞれ存続させる方向で検討しており、新しい法人名は「大阪医科薬科大学」という名称が浮上しているという。
医療系大学の中でも比較的経営状況は安定している両大学が経営統合に動き出した背景には、少子化や薬学系の制度改正を受けた経営環境の変化がある。

薬学部をめぐっては、臨床現場に強い薬剤師を育成するためとして16年に薬剤師法が改正され、18年度から薬学部が4年制から6年制にほぼ延長された。
これに伴って学費が増加し、比較的学費の安い国公立大と私大の競争が激化。加えて、全国の私大が設置する薬学部数は、17年度の50から22年度は57に増えており、私大間の競争も激しくなっている。
日本私立学校振興・共済事業団などによると、全国の私大薬学部の志願倍率は、17年度の13・57倍に対し、22年度は6・31倍に低下。大阪薬科大も、20年には300人の募集定員に対して2762人だった志願者数が、22年度には2437人に減少した。
文科省の担当者は、医大についても「少子化の影響で学生獲得競争が厳しくなってきており、経営が安定している大学でも、経営力を高めるため、今後、全国的に再編が進む可能性がある」と指摘している。
私立の薬科大をめぐっては、20年4月に当時の共立薬科大(東京都港区)が慶応大(同)と合併。関西では、21年4月に関西学院大(兵庫県西宮市)と聖和大(同)が合併したが、独立系の医科大と薬科大の経営統合は、戦後初めてとなる。
取材に対し、大阪医科大は「まだ決まった話でないのでコメントできない」、大阪薬科大も「協議中の話についてはコメントできない」としている。

【産経新聞】



歯学部でもこんな動きがあるのでしょうか。この報道見る限り、あこまで落ち込む歯学部では、一緒になる医学部もメリット少なく遅いような感じがします。
by kura0412 | 2011-08-03 17:55 | 医療政策全般 | Comments(0)