復興が新たな医療体系の試金石にも

地域医療連携の再構築、医療の集約化を推進- 政府・復興基本方針

政府は7月29日、東日本大震災の復興基本方針を取りまとめた。医療・介護関連では、急性期から慢性期までの医療機関の機能分化と医療機能の集約化を進め、平均在院日数の短縮と在宅医療・介護への移行につながる地域医療連携体制の再構築を推進するなどの内容。5年間の「集中復興期間」では、公務員の人件費などの見直しや税外収入のさらなる確保、「時限的な税制措置」により、復興財源として13兆円程度を確保するとしている。
また、被災者が安心して医療や介護サービスを受けられるよう施設の復旧を図るほか、医療・介護の連携や、カルテなどの診療情報の共有化など、情報通信技術の活用を含めた環境整備を進める。
このほか、医療機関の耐震化を進めるなど防災対策の強化や、放射線に関する最先端の研究・医療を行う施設を福島県に整備し、住民の継続的な健康管理を行うことなどが盛り込まれた。

【キャリアブレイン】



東日本大震災の復興が、新たな医療体系の一つの試金石になるかもしれません。となれば、歯科界も大胆な提案が求められます。
by kura0412 | 2011-08-01 18:06 | 医療政策全般 | Comments(0)