菅首相を支える二人も

会期延長-作戦を練り直し、野党との信頼関係を再構築する国会の会期が70日延長され、8月いっぱいまでになりました。
この間、どうしてもやらなければいけないのは、特例公債法の成立、第2次補正予算とその関連法案の成立、そして、できれば菅総理が主張している固定価格買取制度を実現させるための法案の成立、この3つです。
しっかりとそれらをやり遂げるためには、与野党が協力しなければいけません。特に一番重要なのは、特例公債法を何とか早く成立させることです。これがないと、前回申し上げたとおり、国家予算があってもそれを支出することができなくなります。

この特例公債法の成立は、野党の協力がないとできません。もちろん、3分の2条項(衆議院による再可決)を使うというのも1つの考え方ですが、数はぎりぎりで、必ずしも確信が持てるわけではありません。
それよりは、自民党や公明党の賛成を得て、特例公債法を成立させることが、より現実的で達成可能なことだと思います。
自民党の石原幹事長、公明党の井上幹事長と話をしていくなかで、何とかいろいろなやり取りをして一定の約束をすれば、特例公債法について、賛成してもらえるような感触を私は得ていました。
ですから、文書を作って、その他のことも含めて1つのパッケージとして、民主党と自民党、公明党が、分野は限られるものの協力していこうという方向性を出しました。

しかし、残念ながらこの文書は最終的には成立しませんでした。したがって、これからどうやって特例公債法を成立させていくのかについて、しっかりともう一度作戦を立て直していかなければなりません。
2次補正予算は、野党の皆さんも協力してくれると確信しているので、それを梃子(てこ)に、特例公債法についても、しっかりお願いをしていくことになると思います。具体的な作戦はこれから練り直します。
そして、この間、国のことを考えて大変協力していただいた、自民・公明両党の関係者、とりわけ、石原幹事長、井上幹事長に対して、梯子(はしご)を外す形になってしまい、大変申し訳なかったと思います。これから、しっかり関係を構築し直して、国のため、国民のために協力して頑張っていきたいと思います。

【岡田克也民主党幹事長ブログ】


野田財務相が菅首相を批判 自民議員の政務官起用で

野田佳彦財務相は28日午前の記者会見で、菅直人首相が自民党の浜田和幸参院議員を総務政務官に起用したことについて「国会審議を考えると、野党の態度硬化は非常に厳しい状況だ。正面玄関に立って頭を下げて協力をお願いするのが筋だ」と批判した。
自民党は浜田氏の起用に反発しており、公債発行特例法案や再生エネルギー特別措置法案などの審議への影響は必至。民主党執行部からも今回の人事への不満が出ており、「ポスト菅」有力候補の野田氏も同調したことで混乱は深まりそうだ。
自民党の谷垣禎一総裁は28日の党役員会で、「自民党に協力を求めないという選択をした」と対決姿勢を示した

【共同通信】



菅首相を支える大きな柱の二人も菅首相の考えには付いていけなくなってきているようです。
by kura0412 | 2011-06-28 12:30 | 政治 | Comments(0)