20日決定は?に

党内手続き「ファシズムだ」 一体改革案、増税に不満噴出

菅直人首相が「政権の実績」としたいとして、強い意欲をみせる社会保障と税の一体改革は、20日の決定に向けて最終局面に入った。
17日、政府・与党の成案決定会合(議長・菅首相)は最終案を固めたが、民主党の抜本改革調査会(会長・仙谷由人代表代行)の総会は反対する議員の発言が相次いだ。仮に取りまとめができても、いったん退陣表明した首相の下では野党側も協議に参加する可能性はほとんどない。次期民主党代表選でも争点になるのは必至で、実現のめどはたっていない。

17日午後、国会内で開かれた民主党の抜本改革調査会総会には、約100人の国会議員が詰めかけた。多くが消費税率引き上げに反対する反執行部系の議員で占められた。出席者からはこの日発表された政府・与党の成案決定会合で、平成27年度までに消費税率を段階的に10%まで引き上げる方針が決まったことに反対意見が噴出した。
「消費税アップは国民のための民主党にあるまじきことだ」(松原仁衆院議員)
「消費税は、震災対策をやって、デフレ対策をやってからではないか」(福田昭夫衆院議員)
仙谷氏は「ここでまとめないと、平成24年度予算案編成に影響する。国債市場に通用するかどうかの問題になる」などと述べ、予定通り20日に取りまとめたいとの考えを示した。
しかし、民主党は昨年夏の参院選前に首相が消費税率引き上げに言及し惨敗したこともあり、「大変なことになる。選挙に負けたら何もできない」(田中慶秋衆院議員)などと、議員の抵抗は強かった。
仙谷氏は、「自民党は消費税を上げれば必ず選挙に負けるというトラウマの下に財源手当て(増税)ができなかった。挑戦をしなければならない」と説得したものの、収めることはできなかった。
松原氏らは「民主党の民主主義を逸脱している。民主党はファシズムになったといわれないようにしてもらいたい」と党内手続きへの不満もぶちあげた。

結局、総会は3時間近く行われたが、党内調整は20日に持ち越した。
仙谷氏らは20日の総会で了承または会長一任を取り付け、党内調整を終えたい考えだ。
閣僚の一人は「けんかも大いにやればいい。そうやって民主党も大人になっていく」と述べ、民主党が消費税増税という重要政策から逃げずに取り組めば「大人の政党」に脱皮できると期待する。
しかし、鳩山由紀夫前首相に近い松野頼久元官房副長官は「今の内閣でとりまとめるなら次の内閣の政策を縛ることになる。おかしい」と、次期政権に結論を委ねるべきだと主張する。
最終案を決定したとしても党内のシコリは残り、「ポスト菅」を選ぶ次期代表選に影響を与えることが予想される。小沢一郎元代表は14日に自宅で小沢グループの議員と懇談した際、「増税はダメだ」と述べ、引き上げに反対する考えを示した。首相が政権の実績として一体改革案を残したいと考えても、後継者が消費税率引き上げ反対派から選ばれると、この案は葬り去られる可能性が高い。
このままではせっかくの成果も「絵に描いた餅」になりかねない。

【産経ニュース】



20日決定は少し不透明になったかもしれません。また、もし決定されたとしても、次期政権で今一度この問題が浮き上がってきそうです。
by kura0412 | 2011-06-18 08:59 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30