政策的にもまとめるのが難しく

社保改革、医療・介護の政府案に不満相次ぐ- 民主・調査会

民主党の「社会保障と税の抜本改革調査会」(会長=仙谷由人官房副長官)は6月7日、党税制改正プロジェクトチームとの合同会議を開き、政府の社会保障改革案について、医療・介護分野などを中心に議論した。出席した議員からは、「『社会保障国民会議』のシナリオをそのまま載せただけ」など、不満の声が相次いだ。また、「首相が代わるのだから、議論をやり直すべきだ」との声も上がった。

合同会議では、内閣官房社会保障改革担当室の中村秀一室長が、政府の改革案を説明した。
これに対し、石森久嗣衆院議員は、入院医療の機能分化などを打ち出した医療・介護の方向性は「2008年の『社会保障国民会議』(のシナリオ)をそのまま載せただけ」と批判。前厚生労働政務官の足立信也参院議員は、▽患者の受診行動が変化するか分析していない▽予防医療推進の具体策に特定健診が挙げられているが、予防接種についての言及がない―ことを問題視し、「まだ相当、検討の余地がある」と述べた。
消費税率引き上げを明記したことについては、前回に引き続き批判が続出。柚木道義衆院議員は「医療機関の経営に対する影響を考えているのか」とただした。
また、「総理大臣が代わるのだから、議論をやり直すべきだ」「ここで決まったことが、次の内閣を束縛することはあってはならない」などと、政局が混乱している状況で調査会が議論を進めることに反対する声も上がり、調査会長代理の小沢鋭仁・前環境相は、今後の進め方を役員会などで検討する方針を示した。

【キャリアブレイン】




政策的にも党内をまとめるのが難しくなってきたかもしれません。ポスト菅も絡んで社会保障改革の行方も不透明感が漂ってきました。
by kura0412 | 2011-06-08 08:56 | 政治 | Comments(0)