党首討論終わりいよいよ

<民主党>小沢系の政務三役、集団辞任へ

鈴木克昌副総務相ら、小沢一郎元代表に近い複数の政務三役は、内閣不信任決議案に反対せず、集団辞任する方針を固めた。政務三役の一人が明らかにした。1日午後にも見込まれる自民、公明両党の不信任案提出後に表明し、造反拡大を図る。

小沢元代表は1日、約10人いる小沢系の政務三役に直接電話し、不信任案同調を働きかけている。
党内では「小沢系は既に50人前後の造反を固めた」との見方が出ており、不信任案可決に必要な約80人にどこまで近づけるかが焦点となっている。

【毎日jp】



党首討論は、衆議院国会中継のアクセス集中して繋がらなかったほどでしたが、対立だけが目立ち与野党の接点を見出せないまま終わりました。
そして、小沢系のこの動きです。不信任案可決されても、否決されても、明日から政局は波乱の様相を呈してきました。
by kura0412 | 2011-06-01 17:14 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30