党首討論→内閣不信任案提出→そして

谷垣自民総裁 不信任案提出 あす判断

自民党の谷垣禎一総裁は三十一日午前の役員会で、内閣不信任決議案の提出時期について「衆院東日本大震災復興特別委員会や六月一日の党首討論の議論の推移を見ながら、他党と連携して判断したい」と述べ、党首討論後に判断する意向を表明した。役員会は、この方針を了承した。早ければ二日にも提出する。
公明党は三十一日午前の臨時役員会で、山口那津男代表に不信任決議案の提出時期に関する対応を一任した。
山口氏は同日の記者会見で「菅政権が国益を損なっていくことは見過ごせない。(党首討論が行われる一日から)そう間を置くべきではない」と週内に提出したい意向を強調した。

これに関連して、自民党の石原伸晃幹事長は記者会見で「谷垣総裁と山口代表が腹を割って話すことになる」と、両党首が一日にも、不信任決議案提出について会談するとの見通しを示した。
民主党は不信任決議案が提出されれば、速やかに否決する方針。二日午前までに提出されれば同日中に、同日午後の提出なら三日の衆院本会議で否決する構えだ。

【TOKYO Web】




明日の党首討論、そして内閣不信任案提出までは想定できました。あとはその後の政局の動向です。果たして小沢支持派が離党覚悟で賛成するのか否か、全く予想がつきません。
by kura0412 | 2011-05-31 16:11 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30