突如として飛び出してきました『民主の医療・介護改革素案』

税と社会保障:民主の医療・介護改革素案(要旨)

1<改革の必要性>
我が国の「皆保険」は将来にわたって維持しなければならないが、その土台が揺らぎ始めている。国民全体が医療や介護の実態を正しく理解し、過剰サービスは享受せず、若者や現役世代に過度に依存する状態から脱却しなければならない

2<改革の方向性>
1、精神科医療、予防医療など(自公政権時代の)社会保障国民会議で検討が不十分と思われる項目につい  て、2025年を見据えた検討を加える
2、地域に必要な医療・介護従事者の確保と調整のスキームを検討する
3、包括的な医療・介護連携のための機能分化とネットワーク構築を進める
4、5(略)

3<具体的内容>
▽比較的高額で長期にわたる療養を必要とする場合、保険者の機能として負担軽減策を講じる。この機能を 高めるため、受診時定額負担制度の導入についても検討を加える
▽給付費に占める税の負担割合を高める方策を検討する
▽医療保険の自己負担割合の見直しを検討する。例えば、義務教育終了まで1割、20歳未満2割、20~6 9歳3割、70~74歳2割、75歳以上1割等
▽医療・介護の自己負担を含め、社会保障負担の世帯合算に上限を設ける
▽介護施設における給付の公平化を図るとともに、介護保険の2号被保険者の年齢を引き下げることを検討 する
▽長く健康を保った場合、保険料上のインセンティブを考慮する

【毎日新聞】



突如として歯科界にも大きな議論を呼びそうな問題が浮上してきました。
by kura0412 | 2011-05-13 16:18 | 医療政策全般 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30