経団連は大きく舵を切るのか

首相「思考過程がブラックボックス」経団連会長

日本経団連の米倉弘昌会長は9日の記者会見で、菅首相が中部電力の浜岡原子力発電所の運転停止を要請したことについて、「思考の過程がブラックボックスだ。政治の態度を疑う」と述べ、政府での検討過程を明らかにしないまま停止を要請したことを「政治的なパフォーマンスだ」と批判した。
米倉会長は「総理の(運転停止の要請)発表は停止命令に近い発言として受け止められる」と指摘。30年以内にマグニチュード8程度の東海地震が起きる可能性を87%とみて要請した点についても「唐突感は否めない」などと述べた。

【YOMIURI LINE】


浜岡原発:「多様な意見踏まえ要請」官房長官が批判に反論

枝野幸男官房長官は10日午前の会見で、政府の中部電力浜岡原発の停止要請に関し、日本経団連の米倉弘昌会長が「思考の過程が全くブラックボックスになっている」などと批判したことに対し「さまざまな意見を踏まえて中部電力に要請する、という結論の背景に国民の生命、健康をしっかり守るという責任(がある)。議論の経過についての批判は、私にはピンとこない」と反論した。
枝野氏は停止要請自体への批判にも「万が一事故があった時に、誰が責任を持って国民の生命、健康を守るか。責任感の問題だ」と指摘。「結論自体にさまざまな意見があると思うが、(菅直人)首相が政治決断をしたということだ」と説明した。

【毎日jp】


法人税減税で菅政権を支持したかに思えた経団連も大きく舵を切ることになるかもしれません。
by kura0412 | 2011-05-10 14:44 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30