厳しい環境の中でも

車で寝泊まり 被災の歯科医無償診察 「いずれ難しい選択しなければ」

宮城県南三陸町の歯科医阿部公喜さん(54)は、経営していた医院や自宅が津波で流された。「何もかも失ったが、仕事はできる」。避難所の駐車場に止めた車で妻(57)と寝泊まりしながら、無償で診察を続けている。
町内に6カ所あった歯科医院はすべて流された。「歯科医がいなくなっては困るだろうから」。診療時間は午前10時から午後3時まで。毎日、子どもから高齢者まで約25人が訪れる。ストレスで歯肉炎になった人や、入れ歯をなくしてしまった人も多いという。
親類は5人が、まだ行方不明のままだ。「遺体が見つかればラッキーという世界になってしまった」と、力なく苦笑いを浮かべる。
訪れた患者に町に残ってほしいと言われることもある。阿部さんは「離れるわけにはいかないが、いずれは難しい選択をしなければならないのかもしれない」と唇をかんだ。

【スポニチ】



阿部先生には頭が下がります。
そしてここだけでなく、まだ多くの地域で同じような状況で奮闘されている先生方も多いと思います。歯科界として本気になって支え合いしないと。
by kura0412 | 2011-04-06 09:02 | 歯科 | Comments(0)