継続的な支援が

「口の中きれいに」とPR

陸前高田市の避難所で県歯科医師会の歯科医師らに口の中を診察してもらう被災者ら(1日午後) 県歯科医師会所属の歯科医師らが、被災者が身を寄せる避難所を回り、高齢者らを対象とした「口内衛生運動」に取り組んでいる。
阪神・淡路大震災では、口内に増殖した細菌が肺に入って引き起こす誤嚥性(ごえんせい)肺炎で多くの高齢者が死亡。今回も、3月17日に山田町の避難所で発症者が確認されるなど流行が懸念されており、広く予防意識を呼びかける考えだ。

1日には、歯科医、歯科衛生士、技工士計5人が、陸前高田市の避難所、下矢作コミュニティセンターを訪問した。歯科医師らは、「歯が痛くて食事ができない」と訴える熊谷富男さん(76)の入れ歯を診て、かみ合わせがずれていることを指摘。「このままだと、細菌が繁殖して病気になることもあるから気をつけて」と助言した。
避難生活を送る被災者の多くは水不足などで歯磨きやうがいができず、のみ込む力が弱くなっている高齢者らは、誤嚥性肺炎発症の可能性が高くなる。神戸市などによると、阪神・淡路大震災では圧死などを除く「震災関連死」が922人。うち肺炎で死亡したのは223人で、誤嚥性肺炎がかなりの割合を占めたと見られている。これを機に、誤嚥性肺炎への認識が高まり、2004年の新潟県中越地震では、初めて予防活動が組織的に行われた結果、肺炎死は1人にとどまった。

東日本大震災では、阪神・淡路大震災時を上回る約25万人が避難所生活を送っており、県歯科医師会は「ケアが遅れれば、岩手、宮城、福島の3県で誤嚥性肺炎の発症者は阪神を超える」と警戒。4月末まで、陸前高田市や大船渡市などの避難所を回り、歯ブラシやうがい薬を配布しながら「歯磨きや入れ歯のケアを怠らないで」と呼びかける。
巡回予定の問い合わせは県歯科医師会(019・621・8020)。

【読売新聞・岩手】



未だ身元確認も終わってない状況ですが、中期的対応も進める時期となっています。特に今回被災された地域での高齢化は著しく、この報道にあるような継続的な支援は、7年前の経験からも非常に有用と感じています。
ただ。被災地の先生方の過度なる負担は絶対に避けなければなりません。果たしてどんな手法を計画的に進められるか。歯科界も早急な検討と結論が必要です。
by kura0412 | 2011-04-04 10:55 | 歯科 | Comments(0)