「経産省で社会保障改革の議論スタート 」

経済産業相の諮問機関である産業構造審議会の基本政策部会(部会長=伊藤元重・東大大学院経済学研究科教授)は3月7日、初会合を開き、社会保障改革に向けた議論をスタートさせた。4月下旬までに5回の会合を開いて提言を取りまとめ、政府・与党の社会保障改革検討本部や新成長戦略実現会議に報告することを想定している。

同部会は、「国民が安心できる持続可能な社会保障は、活力ある安定した経済を基礎とするもの」との現状認識に立っている。このため、少子・高齢化が進む中で、経済成長と両立させた持続可能な社会保障の在り方などを検討する。
初会合では事務局が今後の検討項目として、▽医療や介護・健康に関連した分野を、新たな成長の源泉にする取り組み▽国民全員が生きがいをもって働ける社会を実現するための取り組み▽経済成長と整合的な社会保障の給付と負担の在り方―を示した。次回会合は3月23日に開かれる予定。

【キャリアブレイン】



もともと経産省は動きが早いのに加えて、厚労省がゴタゴタしているので、一気に攻め立ててくるかもしれません。歯科界と経産省のパイプは?
by kura0412 | 2011-03-08 08:59 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30