たばこ税、税収ベースでは元に戻る

たばこ税収0・7%の微減 ほぼ前年並み水準に戻る

財務省が1日発表した1月の税収実績によると、たばこ税収は前年同月比0・7%減の764億円だった。昨年10月のたばこ増税後、11月は65・3%減、12月も10・4%減と大きく落ち込んだが、ほぼ前年並みの水準に戻った。販売の落ち込み幅が縮小し、大幅増税の効果が出た。

一般会計の税収合計は前年同月比2・3%減の3兆1714億円だった。12月支給の冬のボーナスが中小企業を中心に減少した影響で所得税が1・7%減の1兆5091億円と落ち込んだことが響いた。また、相続税が昨年1月の制度改正に伴う税収増の反動で35・2%減の987億円と大きく落ち込んだ。
10年4月からの税収全体の累計は11・3%増の26兆3823億円。10年度予算(補正後)に対する進捗(しんちよく)率は66・5%で、財務省は「まずまずのペース」としている。

【産経ニュース】



一時大幅な落ち込んだたばこ税は税収ベースでは変化はないようで、私の地元をみると逆に税収増を予測しての予算案を組んでいます。この結果は今後のたばこ税増税に対しての議論にも影響を及ぼしそうです。
by kura0412 | 2011-03-02 16:46 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30