解散総選挙となったら

菅政権に明らかにペケ、解散を…谷垣総裁

菅政権の発足後2回目となる党首討論が23日行われ、菅首相は「ここまで景気が回復しつつある中で、2011年度予算案をちゃんと成立させ、執行することが、国民生活に最も重要だ」と述べた上で、「予算案、予算関連法案を年度内に成立させるのが望ましいのは言うまでもない」と強調した。

自民党の谷垣総裁は「マニフェストが実行不能で、絵に描いた餅だった。菅政権のガバナビリティ、リーダーシップに明らかにペケが付いている。もう一回、国民の声を聞いて態勢を整え直すしかない」と衆院解散を求めた。これに対し、首相は「予算も通さず解散するのが国民にとってプラスになると思って主張しているのか。国民生活より政局ばかり言っているように聞こえてならない」と反論した。
また、谷垣総裁が「日米関係が揺らいでいる」と指摘したことに対しては、首相は「極めて安定した状況にあると理解している」と主張し、米軍普天間飛行場移設問題は「昨年5月の日米合意を踏まえて対応していく」と述べた。

【YOMIURI LINE】




もし解散総選挙となったら、歯科界はどんな政策を掲げる政党を選択するば良いのでしょうか。
保険点数アップ。
それは当然ながら、財源論が論戦になっているだけに、公約は掲げてもそう簡単に大幅アップは実現するとは思われません。
口腔保健法制定。
この難しい政局が逆に成立を難しくさせています。
では、何を?
by kura0412 | 2011-02-23 17:53 | 政治 | Comments(0)