執行部が求めぬままか界派離脱届けが

民主党 小沢系16人が会派離脱届…執行部は認めぬ意向

民主党の小沢一郎元代表に近い比例代表選出の衆院議員、渡辺浩一郎衆院議員ら16人は17日午前、執行部が決めた小沢元代表への処分方針に抗議し、民主党会派を離脱する届けを岡田克也幹事長に提出した。
同時に衆院事務局に新会派「民主党政権交代に責任を持つ会」の結成届を出した。執行部は予算関連法案の衆院での再可決が可能な3分の2以上の議席確保を目指しているが、離脱を表明した議員が関連法案に賛成しない事態となれば菅政権に大きな打撃となる。

16人は小沢元代表の処分への抗議文も提出した。岡田幹事長は同日、「党に所属している限り、規約上、離脱はできない」と述べ、離脱を認めない意向を示した。
新会派の代表に就く予定の渡辺氏は記者会見し、11年度予算案と予算関連法案への賛否について「マニフェストに照らし合わせて、内容を精査して判断したい」と述べ、反対する可能性を示唆した。
離脱届を出したのは当選2回の議員2人のほかは全員が当選1回。17日朝に小沢元代表側に離脱の意向であることを報告したという。
小沢元代表を支持する一新会の幹部は事前に相談を受け、容認したことを認めた。参加者の一人は「離党はしない」と語ったが、11年度予算案の関連法案審議で菅政権が行き詰まる「3月危機」に向け、小沢元代表側が政権を揺さぶる狙いがあるとみられる。

ただ、会派離脱は会派の代表者から議長に離脱届を提出する手続きが必要となる。民主党の会派代表は岡田幹事長。安住淳国対委員長は17日朝の会合で「役員会で議論する必要がある」と語った。斎藤勁国対委員長代理も記者団に「そう簡単にできる話ではない。思いとどまらせるよう努力する」と述べた。
衆院事務局によると、会派離脱が認められないまま新会派を作る「結成届」を提出するのは通常認められていない。「結成届が提出されれば取り扱いを議院運営委員会で協議することになる」(議事課)としている。

◇会派離脱届を提出した比例選出議員
渡辺浩一郎(東京 <2>)豊田潤多郎(近畿 <2>)高松 和夫(東北 <1>)菊池長右エ門( 同 )石井  章(北関東<1>)川口  浩( 同 )水野 智彦(南関東<1>)石田 三示( 同 )相原 史乃( 同 )川島智太郎(東京 <1>)笠原多見子(東海 <1>)三輪 信昭( 同 )小林 正枝( 同 )大山 昌宏( 同 )熊谷 貞俊(近畿 <1>)渡辺 義彦( 同 )(敬称略、地区はブロック名、<>内の数字は当選回数)

【毎日jp】



このメンバーの中に川口、水野議員の名前もありました。
by kura0412 | 2011-02-17 12:04 | 政治 | Comments(0)