グレーのカバーを被されたまま

政倫審:小沢氏問題長期化 首相の「失望解消」棚上げも

民主党の小沢一郎元代表=衆院第1議員会館で2010年12月28日、小林努撮影 民主党の小沢一郎元代表の国会招致をめぐる問題で20日、岡田克也幹事長が衆院政治倫理審査会(政倫審)への招致議決を断念する考えを示したことで、小沢氏の国会での説明の早期実現は困難になった。執行部は近く予想される小沢氏の強制起訴時に離党勧告を含めた処分を検討し、小沢氏問題を決着させたい考えだが、年頭所感で「政治とカネの問題に対する失望を解消する」とした菅直人首相の国民向けの約束は棚上げになりそうだ。

岡田氏は党役員会で、小沢氏の申し出がない場合には国会開会前の招致議決を含めて一任を取りつけていた。首相も4日の年頭記者会見で「小沢氏に国会できちんと説明してほしい」と明言し、強硬姿勢を貫いてきた。
しかし、これまで繰り返し国民への説明責任を求めながら、一転して政倫審見送りの姿勢に転じた執行部が批判を浴びる可能性がある。20日午前、国会内で安住淳国対委員長と会談した政倫審の土肥隆一会長は「政倫審として要請したのをけられたんだ。すぐ議決しろ」と迫り、執行部の方針転換に不満を隠さなかった。
執行部の方針転換の背景には、野党から問責決議を受けた仙谷由人前官房長官らが交代したことで通常国会審議入りの環境が整う中、野党が「茶番」と酷評する民主党の単独議決に踏み切れば新たな対立を生むとの警戒がある。安住氏は20日の毎日新聞のインタビューで「自民党、公明党と国会が始まる前から対立してもやる価値があればいいが、予算審議への影響というリスクが大きすぎる」と語り、国会対策を優先させる考えを示した。
小沢氏には強制起訴が迫っている。裁判と並行する形で、偽証罪にも問われる証人喚問を迫ることには党内にも慎重な意見が強い。党幹部は「民主党から証人喚問を持ち出すことはない」としたうえで、「小沢氏が党代表(首相)の言うことを聞かないということをどう考えるか。強制起訴にあわせて役員会で議論する」と語った。
執行部は小沢氏問題の処理の舞台を国会から強制起訴へと移し、国会招致を断念する代わりに強制起訴時の厳しい対応で政権の姿勢を示す方針に切り替え、民主党としての「けじめ」としたい考えがにじむ。

これに対し、自民党など野党は証人喚問要求を強める構えだ。小沢氏が強制起訴された場合も、「国会での説明責任は別問題」だとして、同氏の議員辞職勧告決議案提出も視野に菅政権を揺さぶろうとしている。
自民党国対幹部は20日夜、「(政倫審招致を)議決しようとすること自体がナンセンス。民主党はわざと引き延ばしたと言われても仕方がない」と指摘。公明党の山口那津男代表は毎日新聞の取材に対し、小沢氏の喚問を示唆した岡田氏に「二転三転ぶりをみると、本当にそうなるのかどうか」と疑問を呈した。
民主党が予算審議への影響を招致議決見送りの理由に挙げたことへの反発も強い。野党は小沢氏招致を審議入りの条件にしておらず、自民党の谷垣禎一総裁は20日の記者会見で一蹴。山口氏も会見で「責任転嫁の最たるものだ。小沢氏も民主党も自浄作用を果たす大きな責任がある」と不快感を示した。

【毎日jp】



これで小沢一郎元代表は、証人喚問も強制起訴となり行われず、グレーのカバーを被さられたまま、その長期化が予想されている判決が下るまで政治活動をすることになります。ひよっとすると「非小沢」でひと括りする可能性もあるかもしれません。
by kura0412 | 2011-01-21 11:38 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30