税制・社会保障が主要テーマになるか

新内閣、主要テーマは税制・社会保障 代表代行に仙谷氏

菅直人首相(民主党代表)は14日、内閣改造を行う。たちあがれ日本を離党した与謝野馨氏を経済財政相に充てるほか、海江田万里経済財政相を経済産業相に、大畠章宏経産相を国土交通相にそれぞれ横滑りさせる。また、仙谷由人官房長官が兼務していた法相には江田五月前参院議長が就任するほか、中野寛成・民主党両院議員総会長が国家公安委員長として入閣する。党役員人事では仙谷氏を代表代行、鉢呂吉雄国会対策委員長の後任に安住淳防衛副大臣の起用を決めた。

菅内閣は14日午前9時から閣議を開き、全閣僚の辞表を取りまとめた。首相はこの場で「昨年9月から約4カ月、各閣僚のご尽力とご活動には大変感謝している」と述べた上で、「体制を強化して政策を強力に推し進めたい。そのために内閣改造を行う」と表明した。
首相は、改造内閣の主要テーマに消費税を含む税制抜本改革と社会保障制度改革のほか、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への交渉参加問題を掲げる意向だ。
閣僚人選をみると、与謝野氏は官房長官や財務相など閣僚経験が豊富で、自民党時代から財政再建派で知られており、首相は内閣改造の目玉候補と位置づけている。経済財政相のほか、税と社会保障担当、少子化担当も含めた特命相とする。
海江田氏はこれまで、TPPについて「私は参加すべきだと思っている」などと積極的な姿勢を示しており、与謝野氏の経済財政相就任に伴い、TPP交渉参加問題にかかわる経済産業相へ横滑りする。大畠氏は鳩山由紀夫前首相グループから入閣しており、馬淵澄夫氏の閣僚退任に伴って空席となる国土交通相ポストを充てる。
また、法相に就任する江田氏は菅グループの座長。国家公安委員長に就く中野氏は公務員制度改革担当、拉致問題担当も兼務する。

現閣僚は片山善博総務相、前原誠司外相、野田佳彦財務相、高木義明文部科学相、細川律夫厚生労働相、鹿野道彦農林水産相、松本龍環境相、北沢俊美防衛相、玄葉光一郎国家戦略相、蓮舫行政刷新相のほか、国民新党の自見庄三郎郵政改革相が留任。蓮舫氏は消費者担当も兼務する。岡崎トミ子・国家公安委員長(少子化・消費者担当相)は退任する。
枝野幸男官房長官は沖縄・北方担当を兼務する。枝野氏を補佐する官房副長官には、衆院側から藤井裕久元財務相(78)を起用。参院側の福山哲郎官房副長官(48)は留任する。
このほか、民主党役員人事をめぐり、岡田克也幹事長は石井一副代表に選挙対策委員長への就任を打診した。
14日昼すぎに首相と亀井静香・国民新党代表が与党党首会談を行い、その後、首相官邸に組閣本部を設置。同日午後1時すぎから閣僚の呼び込みを行う。首相は同日夕、官邸で記者会見する。

【asahi.com】



同じ小選挙区で戦った二人が閣僚になったり、参議院前議長、衆議院元副議長が大臣に、そして80代の副官房長官。何かしっくりこない人選です。
by kura0412 | 2011-01-14 16:46 | 政治 | Comments(0)