菅首相のリーダーシップ?

世論意識?…首相、仙谷氏に「俺に任せろ」

15日午前、首相執務室に菅首相、仙谷官房長官、鹿野農相が顔をそろえた。
「明日、農相が現地に入るので、今日決めないといけない」と最終判断を促す仙谷氏に、首相は「政治決断で俺に任せてほしい。これは上告してはいけない」と語気を強めた。首相の強い決意表明に、仙谷氏も「そこまで言われるなら」と折れ、上告断念が決まった。
諫早干拓は、無駄な公共事業の見直しを訴え続けてきた菅首相にとって、政治の「原点」とも言える存在だ。事業反対派の急先鋒(せんぽう)として、潮受け堤防が閉め切られた1997年以降、首相は繰り返し長崎県を訪れ「(事業費)2500億円を無駄にしてもやり直しを」と主張してきたからだ。
仙谷官房長官や農水省も開門調査は必要と考えたが、「常時5年の開門を求めた高裁判決は乱暴だ」として、上告に前向きだった。にもかかわらず首相が押し切った背景には、「上告すれば『変節』と批判される」(政府筋)と世論を強く意識した側面があるとみられている。
ただ、首相が決断の前に、関係者と議論を尽くしたり、根回しをしたりした形跡はうかがえない。地元の長崎県側にも事前連絡はなく、県幹部は「テレビで初めて知った。ひどい話だ」と反発。県は16日の鹿野農相の知事訪問について、受け入れ拒否を決めた。
長崎側との協議について、仙谷官房長官は15日、「話し合いの体制を作らないといけない」と述べるにとどまり、「見切り発車」だったことを裏付けた。常時開門には600億円以上の対策費が必要とされ、予算確保も課題だ。首相の念頭に、具体的な対策が想定されている様子はなく、政府内では「3年後の開門時に菅さんが首相でいる可能性が低いから、決められた」と冷めた見方もある。

諫早干拓以外でも、首相がトップダウンで政治判断する場面は最近目立っている。法人税の実効税率引き下げでも、首相は自らの考えに沿って調整するよう担当閣僚に指示した。内閣支持率が低迷する中、政権浮揚の狙いがあるとみられるが、法人税減税も財源の裏付けがない中での指示だっただけに、「首相主導」の中身が問われている。(政治部 芳村健次、池口次郎)

【YOMIURI ONLINE】



菅首相のリーダーシップ、それともパフォーマンスでしょうか。
by kura0412 | 2010-12-16 14:47 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30