泥沼化必至

「小沢招致」泥仕合 議決決定見送り

民主党の岡田克也幹事長は13日の役員会で、小沢一郎元代表の衆院政治倫理審査会招致問題をめぐり、自身に対応の一任を取り付けた。今後、小沢氏に出席を申し入れるが、この日の「招致議決」は見送られた。役員会直前、小沢氏支持派議員の猛抗議で、部屋から出るに出られない“軟禁事件”まで発生。繰り返されてきた民主お家騒動も、今回ばかりは相当深刻だ。親小沢VS脱小沢の「最終戦争」。国民の冷たい視線を民主党は理解しているのか。
政倫審の議決に踏み切るか、小沢氏招致問題最大のヤマ場になるとみられた民主党役員会。結果は「幹事長に一任」。最終的な対応は今後に持ち越された。当初、政倫審招致の強行議決もあるとみられただけに、拍子抜けの結末だった。

役員会後、会見した岡田氏は(1)小沢氏が自発的に政倫審に出席して説明(2)出席がかなわなければ、党で政倫審出席を決めなければならない、と指摘。「小沢氏が国会で説明すれば完結する話」と述べ、離党勧告は「想定していない」と強調した。小沢氏に直接出席を求めるとして13日夜、一両日中の会談を申し入れた。
岡田氏は、この日の結論を「想定外ということはない」と強調したが、議決決定に踏み込めなかったのは、親小沢議員の激しい巻き返しも一因だった。
支持派はこの日朝から断続的に会合を開き、議決反対を確認。役員会開始の約30分前、党本部に約30人が乗り込み、岡田氏に直談判した。政倫審は本人の申し出以外で開かれた場合がない、裁判が近いことなどを理由に挙げ、怒号はガラスのドアを隔てて報道陣が待つ廊下にも、はっきり聞こえた。応酬は役員会の時間になっても終わらず、岡田氏は部屋を出るに出られない“軟禁”状態になった。結局、役員会は約15分遅れで開始。岡田氏は出席者に意見を求めたが、賛成、反対双方の意見が対立。関係者によると、小沢氏に近い輿石東参院議員会長が「もう1度小沢氏と会ってはどうか」と、岡田氏に提案。その際の対応は岡田氏に一任することで双方が歩み寄り、輿石氏の一声で、紛糾必至とみられた役員会は、1時間弱で終了した。

猛烈抗議の成果か、結論持ち越しを受けて小沢氏支持派は13日夕、約50人が再び会合を開き、両院議員総会開催に動くなど巻き返しを強めている。議決された場合、小沢氏に近い閣僚や政務3役が抗議の辞任をする可能性もささやかれる。松木謙公農水政務官は「変なことだけはしてもらいたくない」と、執行部の動きに不快感を示した。
岡田氏の呼び掛けに、小沢氏は応じるのか。応じない場合、議決が行われれば、党内の分裂はさらに進む。執行部の求心力低下も避けられない。夜明けが見えない堂々巡りの民主党お家騒動。年も押し迫る中、一体いつまで続くのか。

【nikkansports com】



泥沼化必至の情勢になってきたようです。ただ問題は、次の展開を小沢支持派、反小沢派、そして野党各党誰もが読めません。
by kura0412 | 2010-12-14 11:48 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30