臭いで鑑別出来るのは犬だけではありません

がん探知犬、においで患者ピタリ…精度9割超

九州大医学部第二外科の前原喜彦教授らのグループが、がん患者特有のにおいが分かる「がん探知犬」に、大腸がん患者の呼気などをかぎ分ける実証試験をした結果、9割以上の精度で患者を判別できた。研究成果は英国の医学誌「GUT」に掲載される。
探知犬は、千葉県南房総市の「セントシュガー がん探知犬育成センター」が飼育しているラブラドルレトリバー(9歳、雌)。名前は「マリーン」で、海難救助犬として飼育されていたが、嗅覚や集中力が特に優れていたことから、がんのにおいをかぎ分ける訓練を受けている。
グループは2008年6月から09年5月にかけ、福岡、佐賀県内の2病院で、消化管の内視鏡検査を受けた約300人から呼気と便汁を採取。内視鏡検査で大腸がんと分かった患者の1検体と、がんではなかった患者の4検体を一つのセットにして、探知犬に挑戦させた。呼気では36セットのうち33セット、便汁では38セットのうち37セットで「正解」をかぎ分けた。

【読売新聞】



このニュースをみて思ったのは、臭いを診断の有効な鑑別診断に利しているのは歯科だけになったかもしれません。
しかし、この最も簡便で、効果的な診断方法は、昨今のITも先進医療でもなく、保険においての評価はありません。犬でなくても、歯髄エソが分かる歯医者は一杯いるのですが、報道では扱ってくれません。
by kura0412 | 2010-12-14 09:03 | 歯科 | Comments(0)