どんの制度であってもポイントは公費拡充

新制度への公費投入の拡充を-健保連など4団体が「共同アピール」

健康保険組合連合会(健保連)など4団体は12月6日、東京都内で「高齢者医療制度の再構築と被用者保険の維持・発展に向けた緊急集会」を開いた。この中で、国民皆保険制度を維持していくために、新たな高齢者医療制度への公費投入の拡充などを求める「共同アピール」を採択した。

緊急集会を開いた4団体は、健保連のほか、全国健康保険協会(協会けんぽ)、連合、日本経団連。
この日、4団体が採択した「共同アピール」では、国民皆保険を維持していくために必要な公費投入の拡充などを政府に対して強く求めていく方針を掲げている。また、政府は安定財源の確保と国民が安心できる社会保障のグランドデザインを早急に示すべきだと主張している。

集会ではまず、連合の古賀伸明会長があいさつ。続いて、厚生労働省の「高齢者医療制度改革会議」で委員を務める宮武剛氏が、新高齢者医療制度案について説明した。その後、各団体が意見表明を行った。
意見表明で、協会けんぽの小林剛理事長は、「保険料のうち約4割が高齢者医療へ充てられており、現役世代の負担は限界に達している」と述べ、「社会全体で支え合うという観点から、今後の高齢化の進展に伴い公費投入の拡充は避けられない」と主張した。
また、健保連の白川修二専務理事は、「新たな制度案では、現役世代の負担は極限を超え、国民皆保険制度の崩壊をもたらしかねない」と主張。その上で、政府に対し、▽国民が納得できる手順を踏んで検討を進める▽社会保障の問題について、超党派で議論を進める▽保険財政の窮迫度を正しく認識し、スピード感を持って改革に当たる-の3点を求めた。

【キャリアブレイン】



現行の制度であっても、また新たな制度導入となっても公費拡充が最大の焦点です。
その意味でも、この種の大会開催ある時は医療側も含めて国民にPRするべきです。
by kura0412 | 2010-12-07 16:55 | 医療政策全般 | Comments(0)