「内患外憂」状態に

仙谷、馬淵氏の問責可決へ 26日補正予算成立 

総額約5兆900億円の追加経済対策を柱とする2010年度補正予算案は26日午後、成立する。自民党は補正予算案などの採決後、仙谷由人官房長官と馬淵澄夫国土交通相の問責決議案を参院に提出。同日中に野党の賛成多数で可決されるのは確実な情勢だ。民主党は仙谷氏らを当面、続投させる方針で、国会攻防は最大のヤマ場を迎える。

補正予算案は26日午後の参院本会議で採決。野党の反対多数で否決されるが、憲法の規定で衆院の議決が優先され成立する運びだ。
仙谷氏らの問責決議案が可決された場合の対応について民主党の輿石東参院議員会長は25日の記者会見で「問責に値するようなことはあったのか。辞任の必要はない」と強調した。
一方、みんなの党は25日夕、仙谷氏に対する問責決議案を単独で参院に提出した。ただ、野党第1党の自民案が26日に提出することから、25日の処理は見送られた。
自民党は、菅直人首相と谷垣禎一総裁との党首討論を今国会で行うよう要求したが、民主党は応じない考えだ。

【47NEWS】



問責可決を無視したままだと国会は空転します。そして、来年度予算案の審議は入り口でつまずき、関連法案の多くは通りません。また、総選挙すれば大敗必至で菅首相は解散カードも中々使えません。
菅内閣はまさに内患外憂状態に陥ります。
by kura0412 | 2010-11-25 18:26 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30