ドミノ倒しの恐れも

柳田法相、辞任の意向固める 国会軽視発言で

国会軽視の発言で進退が焦点となっている柳田稔法相は22日午前、辞任する意向を固めた。

柳田氏は同日午前、首相官邸で菅直人首相、仙谷由人官房長官と会談。自民党など野党が22日中に柳田氏の不信任決議案と問責決議案を衆院と参院にそれぞれ提出し、参院では可決される公算が大きいことから、柳田氏の辞任は避けられないと判断した。
柳田氏は21日、記者団に対し「今後とも真摯に国会の答弁にがんばっていきたい」と述べ、続投する考えを強調していた。

【産経ニュース】



これで菅政権の難題がクリアになったわけではありません。逆に、ドミノ倒しの恐れも出てきます。
by kura0412 | 2010-11-22 09:03 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30