W改定の見通しについて言及

12年度同時改定、在宅医療の機能充実などテーマか-足立前政務官が見通し

足立信也・前厚生労働政務官は11月12日、「neo最強の医療戦略フォーラム」(アステラス製薬主催)で講演し、2012年度に実施を予定している診療報酬と介護報酬の同時改定では、
▽機能分化・機能連携の推進
▽在宅医療などの受け皿機能の充実
▽医療・介護の連携の強化と切れ目のないケアの実現
▽認知症対策の強化-などの項目がテーマになるとの見通しを示した。

このうち受け皿機能に関しては、「終の棲家として(患者が)どこで医療や介護を受けることを選択するのか。いたずらに在宅医療と言っても、今の日本の家族構成でできるとは思えない」と指摘。また、「療養病床をどうしていくのか。介護型と医療型ではほとんど同じ人数配置で、やっていることも変わっていない」などと述べ、医療と介護の連携では、両者の給付範囲の見直しも焦点になると予測した。
厚生労働省は今年度補正予算案に子宮頸がんなどワクチン接種促進の経費を盛り込んだ。このため足立氏は、「(国が)予防医療を重視していく方向に舵を切った」と述べ、予防医療を診療報酬でどう評価するかもテーマになる可能性があるとの認識を示した。ほかにリハビリテーションの質確保やケアマネ機能の強化、医療ITの活用推進などのための評価も検討すべきだと指摘した。
足立氏はまた、「来年の国会のメーンは医療・介護の改革」とも述べた。

【キャリアブレイン】



政務三役を退いても、医療関連では党内に一定の影響力ある足立議員の発言だけに、今後の方向性を示しているかもしれません。
しかし、このフォーラムはどのよう趣旨なのか分かりませんが、この種の講演会が薬剤メーカーの主催なんですね。
by kura0412 | 2010-11-13 08:56 | 医療政策全般 | Comments(0)