OECD並みへの道のりはまだ遠く

[医療費] 日本の1人当たり医療費は、OECD加盟31ヵ国中20位

厚生労働省は10月18日に、医療保障制度に関する国際関係資料について発表した。
(1)2008年におけるOECD加盟国の医療費の状況
(2)2007年の、G7諸国における総医療費(対GDP比)と高齢化率の状況
(3)2007年時点の、医療分野についての国際比較
(4)主要国の医療保険制度概要(p4参照)-が整理されている。 

このうち(1)のOECD(経済協力開発機構)加盟国における医療費の状況を見てみると、日本は総医療費の対GDP(国内総生産)比は8.1で31ヵ国中22位、1人当たり医療費は2729ドルで31ヵ国中20位となっている。
ちなみに、総医療費(対GDP比)、1人当たり医療費とも、1位はアメリカで、それぞれ16.0、7538ドル
また、(3)の国際比較からは、「人口1000人当たり総病床数が際立って多い」「病床100床当たり医師数・看護職員数は逆に非常に少ない」「急性期、医療全体で見ても、平均在院日数は極端に長い」「1人当たり外来診察回数が多い」などの特徴が日本の医療には存在することが分かる。


【WIC REPORT(厚生政策情報センター) 】



民主党政権の公約でもあった日本の医療のOECDの平均並みへの引き上げは実現するのでしょうか。
by kura0412 | 2010-10-20 09:02 | 医療政策全般 | Comments(0)