「日本医師会、日本薬剤師会、日本歯科医師会」

医療・介護情報の電子化、「現場の声欠かせない」―IT戦略本部

政府の高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT戦略本部)は10月13日、医療・介護情報を電子化するIT戦略の具体案を議論する「医療情報化に関するタスクフォース」の第2回会合を開き、医療関連団体などから意見を聞いた。構成員を出していない関連団体からは、「現場の声が欠かせない」と事務局の運営方針を批判する声もあった。

参加した関連団体は日本医師会、日本薬剤師会、日本歯科医師会、保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)。出席者らによると、「十分に現場の意見をくみ取って議論を進めるべき」と、関連団体から今後の会合でも積極的に意見表明できる仕組みが必要とする趣旨の発言があった。同タスクフォースの議論が今後の医療・介護業界に与える影響が大きいにもかかわらず、構成員に関連団体の関係者がいないためだ。これを受けて事務局は、関連団体との連携を再考する検討に入った。

■議論は仕切り直し
また会合で事務局は、消費者が電子化した医療・健康情報を活用するための支援サービス「どこでもMY病院」で取り扱うデータの標準化・提供方法を主な議題として提示。ただ、出席者らによると、「医療情報のIT戦略を社会基盤にすべきか民間サービスにすべきか位置付けが不明確」など議論の出発点に疑問を投げかける意見が多数あり、議論は深まらなかった。
今後は事務局が論点を再整理し、議論を行うための体制を立て直す。当初予定していた会合の回数を増やすことも視野に入れる。
政府は医療・介護分野のIT戦略として、2013年から調剤情報を電子的に個人が管理する仕組みを開始するのを皮切りに、さまざまな医療・介護情報を個人で管理したり、地域の医療・介護情報の連携基盤を構築したり、それらを「国民ID」と連携することなどを目指している。この戦略を実現するための具体案は、タスクフォースで議論して来年2月までに一定の方向性を示すことになっている。

【キャリアブレイン】



調剤の方はIT化が進むからでしょうか、それとも医療費の割合が歯科より高くなったからでしょうか。ニュースの内容よりこの順序が気になります。
気にし過ぎか、それとも僻みでしょうか。
by kura0412 | 2010-10-15 16:45 | 医療政策全般 | Comments(0)