この議論の中に歯科界は

「社会保障改革の全体像を示す」―菅首相が所信表明

臨時国会が10月1日に召集され、菅直人首相は衆参両院の本会議で所信表明演説を行った。社会保障改革を重要政策課題の一つに掲げ、今後、改革の全体像を提示するとともに、財源確保に向け、消費税を含む税制の議論を進める考えを示した。

菅首相は冒頭、これまで先送りしてきた課題を次世代に残すことなく解決を目指す「有言実行」の決意を表明。その上で、重要政策課題として、▽社会保障改革▽経済成長▽財政健全化▽地域主権改革の推進▽主体的な外交の展開―の5つを掲げた。
社会保障改革に関しては、「多少の負担をお願いしても、安心できる社会を実現することが望ましい」と強調。求められる社会保障の姿を議論し、十分な医療、介護、福祉サービスを確保する考えを示した。
また、社会保障改革の全体像については、サービス水準や内容の選択肢を分かりやすく提示する考えを表明。必要な財源の確保策も一体的に議論する必要があるとし、消費税を含む税制全体の議論を進める考えを示した。社会保障の基盤となる番号制度を整備する必要性も訴えた。
さらに、政府・与党で改革の全体像を検討するだけでなく、野党とも意見交換を行うなど「与野党を超えた議論が不可欠」とした。
このほか経済成長に関しては、「経済の歯車を回すのは雇用」と指摘。医療や介護など潜在需要のある分野での雇用拡大を目指す考えを示した。

【キャリアブレイン】



この菅首相の全体像の中に、どのようにマッチした再生プランを提案できるかが、歯科界の大きな課題です。
Commented by 有馬記念 at 2010-12-16 12:14 x
第55回 有馬記念 2010 最後は勝ち馬券で新年を迎えたいですよね。私達からお客様への、クリスマスプレゼントとしての情報です
by kura0412 | 2010-10-01 16:49 | 政治 | Comments(1)