再生治療のニュースが気になってきました

安全で効率的に万能細胞作製 米チームが新手法

さまざまな組織になることができる人の新型万能細胞(iPS細胞)を、安全に効率よく作製する方法を米ハーバード大の研究チームが開発し、米科学誌セル・ステム・セル電子版に30日発表した。

もとになる体細胞の遺伝子を改変せずに、必要なタンパク質だけをつくるRNAという遺伝子を細胞に導入する手法。AP通信によると、チームに加わっていない外部の専門家は「治療に使うことができる初めての実用的なiPS細胞の作製法になるかもしれない」と指摘している。
京都大の山中伸弥教授らが最初に開発した手法では、ウイルスを使って体細胞の遺伝子に外部から特定の遺伝子を挿入する。ただ作製効率が低く、動物の体内に移植するとがんが発生しやすいなどの難点があった。
ハーバード大チームは、人工的に合成したRNAを人の皮膚細胞に導入。すると従来の方法よりも劇的に効率よく、多能性を持った細胞を作れるようになった。

【共同通信】



以前は、この種の再生治療のニュースはさほどではなかったものが、最近は随分気になるようになってきました。ただ、正直なところニュースの内容は完全には理解は出来ませんが。いくつになっても勉強です。
by kura0412 | 2010-10-01 10:57 | 歯科 | Comments(0)