歯茎からiPS細胞

歯茎からiPS細胞=高い増殖力、歯の再生に期待―大阪大など  

歯周病やインプラントの治療で切除、廃棄された歯茎から万能細胞「人工多能性幹(iPS)細胞」を作ることに、大阪大の江草宏助教と京都大の山中伸弥教授らの共同研究チームが成功した。研究成果は14日付の米オンライン科学誌プロス・ワンに掲載された。

江草助教は「歯茎の細胞は増殖能力が高く、iPS細胞の作製に適している。歯茎は手術で切除されることが多く、有効活用になる」と説明。あごの骨や歯の再生に応用が期待できるという。
研究チームは、インプラント治療で切除した男性患者の歯茎を活用。世界で初めてiPS細胞を開発した山中教授が発見した4種類の遺伝子を、培養した歯茎の細胞に組み込むと、神経や軟骨などになるiPS細胞ができた。 

【時事通信】



歯髄神経とiPS細胞の話は聞いたことがありますが、今度は歯茎からiPS細胞に成功です。
一度関係者から聞いてみたい話ですが、医科は再生治療も行き着けば保険適用でしょうが、歯科はどうなるのでしょうか。
歯科も、基礎的研究、臨床研究、そして医療制度の検討も考えなければ、国民の健康に直結しません。
by kura0412 | 2010-09-15 10:42 | 歯科 | Comments(0)