まず幹事長人事

菅首相続投、官房長官は留任…17日に内閣改造

民主党は14日、東京・芝公園の「ザ・プリンスパークタワー東京」で臨時党大会を開き、代表選の投開票を行った結果、菅直人代表(首相)(63)が小沢一郎前幹事長(68)を大差で破り、再選された。
菅氏は15日にも党役員人事の概要を固め、17日に内閣改造人事を行う方向だ。内閣の要である仙谷官房長官は留任させる。参院選敗北の責任が問われ、辞意を漏らしている枝野幹事長の後任には、岡田外相ら閣僚の起用が取りざたされている。菅氏が今後、小沢氏を支持した勢力を抱え、挙党態勢を築けるかどうかが焦点だ。菅氏の代表任期は2012年9月まで。

代表選は、菅氏の代表の任期満了に伴うもので、投票結果をポイントに換算して争われた。総計1222ポイントのうち、菅氏が721ポイント、小沢氏が491ポイントだった。投票権を持つ411人の国会議員票(1票は2ポイント)は、菅氏が412ポイント(206人)で、小沢氏の400ポイント(200人)を小差で上回った。地方議員票でも菅氏が20ポイント勝り、党員・サポーター票では菅氏が約5倍のポイント差をつけ小沢氏を圧倒した。
国会議員票のうち無効の3票は白紙。横路衆院議長、西岡参院議長は欠席した。
菅氏は再選を決めた直後、「ノーサイドで、党全員が力をフルに発揮できる挙党態勢のために協力をお願いする」と訴えた。
代表選は党を二分する激戦となった。菅氏に対して「首相を短期間で代えるべきではない」という声が追い風となる一方、小沢氏には「政治とカネ」の問題に対する批判が逆風となった。

菅氏は15日に小沢氏など党代表経験者らと会い、党役員・内閣改造人事について協議する。ただ、菅氏を支持した議員の間では、「脱小沢」路線を継承するべきだとの声が多く、党内融和は難しいとの見方も出ている。
枝野幹事長は14日夕、「参院選で多くの有為な仲間が残念な結果になったことは責任を感じている」と都内で記者団に語り、辞意を示唆した。枝野氏の後任には岡田氏のほか、川端文部科学相、前原国土交通相の名前が挙がっている。

【YOMIURI ONLINE】



幹事長人事が最大のポイントになりそうです。
融和を目指し小沢支持派からの登用ですが、これでは脱小沢を謳った菅支持派は逆に反発を強めます。
もし、人事で波風立たなかったとしても、これだけ基本政策での違いを国民の前に示してしまったのですから、党内で政策をまとめるだけでも大変です。
そして、ねじれ国会が待っています。連立政権で一番手っ取り早かった公明党は、菅政権続投で早々に連立組まずを表明しています。
政局が来年の4月まで、この形を続けられる保障はありません。
Commented by 努落下 at 2010-09-15 10:40 x
「新しい任務で成功するうえで必要なことは、卓越した知識や卓越した才能ではない。それは、新しい任務が要求するもの、新しい挑戦、仕事、課題において重要なことに集中することである」
by kura0412 | 2010-09-15 10:23 | 政治 | Comments(1)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30