健保組合の保険料率は7,45

最悪の5235億円赤字 健保組合、全体の8割 景気悪化で保険料収入減
2010年9月13日 提供:共同通信社
大企業の会社員らが加入する健康保険組合の全国組織、健康保険組合連合会(健保連)は10日、2009年度の決算見込みを発表した。1473組合(10年3月末現在)全体で過去最悪の5235億円の赤字となり、赤字組合数は08年度の69%から80%の1184に大幅に増えた。赤字は2年連続。

景気悪化で加入者の給与がダウン、それに伴い保険料収入が減ったことが主な要因。健保連は10年度も6935億円の赤字を見込んでおり、加入者の保険料アップにつながる可能性もある。
健保組合の決算は03~07年度は黒字だったが、08年度の後期高齢者医療制度の導入に伴い、高齢者医療への拠出金負担が増加。08年度も3189億円の赤字だったが、09年度は不景気が追い打ちをかけた。
経常支出は08年度からほぼ横ばいの6兆6952億円だったが、経常収入は3%減の6兆1717億円。加入者の給与水準落ち込みに加え、加入者数も08年度比約19万6千人マイナスと、6年ぶりに減少。保険料収入が2265億円減った。
高齢者医療への拠出金が保険料収入に占める割合は、08年度の44%から46%に増え、保険料のうち半分近くが加入者ではなく、高齢者に回っている計算だ。

平均保険料率(労使分担)は7・45%で、08年度から0・07ポイント上昇。財政悪化などで23組合が09年度中に解散した。

【共同通信】



組合が協会けんぽの保険料率が2ポイント以上低いことはなかなか報道もされません。
by kura0412 | 2010-09-14 08:58 | 医療政策全般 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30