これでは社会保障全体像の議論は出来ません

厚生年金基金、国記録と最大260万件不一致か

厚生労働省と日本年金機構は2日、企業年金の一つである厚生年金基金の約2800万件の記録のうち、6.4%が国のオンライン記録と一致しなかったことを明らかにした。厚年基金全体の記録は計約4千万件で、記録ミスは最大で260万件程度に上る可能性があると推計している。

この日開かれた年金記録回復委員会で報告した。倒産した企業などの厚年基金を管理する企業年金連合会が所有する記録約2800万件を、国側が提供した厚生年金のオンライン記録と照らし合わせて集計した。その結果、4.5%については年金額算定の基礎となる月給額や加入期間などが合わず、1.8%は年金額には直接かかわらない氏名や生年月日などが不一致だった。
不一致だった記録のうち、国が紙台帳からコンピューターに入力する際に誤ったとみられるものもある。国のオンライン記録の加入期間が厚年基金の記録より短い受給者の場合、本来より支給される厚生年金額が少なくなる可能性がある。そのため、年金の増額につながる受給者の記録については今後、本人確認を図り、未払い分を支給することになる。
一方、まだ受給年齢に達していない加入者の分は、記録ミスについて本人に確認し、すべて訂正していく方針だ。また、残っている個別企業を母体にした厚年基金の記録分も、国のオンライン記録との照合作業を進めていく。

【asahi.com】



この名寄せなどのデーターの整理だけでも、いつ年金問題は解決するのでしょうか。
これが解決しないと年金問題、そして社会保障政策全体の構図が描けません。
by kura0412 | 2010-09-03 09:05 | 医療政策全般 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30