「診療報酬の配分」の再仕分け

「診療報酬の配分」の再仕分けで厚労省からヒアリング―民主・行政刷新WG

今年秋に始まる政府の事業仕分け第3弾の「再仕分け」で、「診療報酬の配分」を仕分け対象とすることの是非をめぐり、民主党の行政刷新プロジェクトチーム(PT)の「再仕分け第1ワーキンググループ」(WG、主査=菊田真紀子衆院議員)は8月31日、厚生労働省の担当者からヒアリングを行った。菊田主査はヒアリング終了後、キャリアブレインなどの取材に対し、「(昨年秋の)事業仕分けの判定通りにやっていることは、きょうよく分かった」と述べた。WGでは今後、PT総会に中間報告する9月中旬まで、最終的な対象に加えるかどうか協議する。

■「慎重な取り扱いになる」―菊田主査
この日の会合には、厚労省保険局の鈴木康裕医療課長や吉田易範薬剤管理官、迫井正深企画官らが出席。昨年秋の事業仕分けの結果が、今年度の診療報酬改定にどのように反映したかについて、委員が約30分間のヒアリングを行った。
ヒアリング終了後、菊田主査はキャリアブレインなどの取材に対し、定量調査の結果がまとまっていないことなどから、「きょうの段階ではまだ分からない」としながらも、「全体の中で、非常に重いテーマではある。おそらく慎重な取り扱いになるだろう」と述べた。
「診療報酬の配分(勤務医対策など)」をめぐっては、昨年秋の事業仕分け第1弾で、16人の評価者全員が「見直しを行う」と判定。見直しの例として、「収入が高い診療科の見直し」「開業医・勤務医の平準化」を挙げたため、医療界の強い反発を招いた経緯がある。

【キャリアブレイン】



仕分け作業に例外を設けないということは理解しても、この問題を一日、数時間で結論つけるのはあまりにも乱暴です。慎重な取り扱いはある意味当然です。
by kura0412 | 2010-08-31 17:49 | 医療政策全般 | Comments(0)