コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
by kura0412
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ミラーを片手に歯科医師の本音
回想

本紙閉刊に伴いこのコラムも今回で最後となります。平成10年9月から19年間、筆が進まない時もありましたが、締め切りを遅らせることもなく、また大きなトラブルもなく終えることにある意味安堵しております。ただその中で一度だけで校正まで終えながら書き直したことがありました。それはあの「日歯連事件」と称された事件が勃発した時でした。
あの時は一人の開業医でしかない私が、社会事件になるほどの大事件に対して実名で書くことに躊躇しましたが、事件に対していろいろな観点から憤りを感じ、もし問題となれば歯科医師を辞める覚悟をもって書きました。この事件によって日本の歯科界に大きな変化があったことは多くの先生方が感じられたことです。今思えばその内容は別として、あの時書き綴っておいたことが、その後連載を続けられた源になっていたかもしれません。
然るに風化しつつあるあの事件の本質は何だったのか。その手法に対しては司法判断が下った結果が示されていますが、事件の根本には、現在も続く歯科医療に対する公的評価の低さを何とか打開しようと考え方がありました。この点を誰もが分かっているのに言葉に出ていません。但し結果的には中医協委員が1名減員、事件後の懲罰的な18年度改定となり、歯科界の思いとは反対の流れを作ってしまいました。特に改定では、それまでの改定時で、技術料を引き下げながら作った僅かな財源を「かかりつけ歯科医」初再診料に振り分けながらも、「かかりつけ歯科医」を一気に消し去られたことによって、保険点数全体が縮小したと共に、時代の流れである「かかりつけ歯科医」という名称、概念をも否定されることになってしまいました。そして事件によって植え付けられた歯科界の負のイメージは現在も引きずっています。
日本の歯科界は今、大きな分岐点に差し掛かかり、新しい息吹が入る機運も高まっています。但し、この負のイメージを引きずったままでは大きな壁が存在します。あの事件は終わったのでなく、まだ背負っており、それを回顧することで歯科界の課題を改めて見出すことが必要です。
残念ながら現在、日歯、日歯連盟共に入会者、特に若い先生の入会が減少しています。事件の影響、また、入会することへの利点を見出せず、医療環境向上寄与への期待が薄らいでいるからです。個人で個々の臨床現場での対応出来ても、政策を変えるには一つの塊にでなければパワーが発揮できないだけに、この問題は歯科界発展の最大の課題です。その為には、過去の問題となった出来事を背景も含めて改めて見直し、そして新しい目標を示す。それも抽象的でなく、具体的な分かりやすい政策を提示することで歯科界の展望が分かることで推進力の働きとなります。
最後に、本コラムを続けなければ会うことの出来なかった全国の先生方と交流できたことは、私の歯科医師人生としての財産となりました。そして、好き気ままに綴ることを甘受して頂き、連載を許して頂いた歯科時報新社・吉田泰行社長に感謝を述べ終わります。ありがとうございました。
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
健康・医療
政治・経済
画像一覧

この戦い止めさせないと

民主代表選・どう転んでも後は地獄

「小沢一郎首相」が実現するのだろうか。菅直人首相が「挙党体制」をさけび、鳩山由紀夫前首相も「挙党一致」と強調する。長野県軽井沢町の鳩山別荘を訪れた小沢前幹事長は「みんなで力を合わせてがんばろう」とあいさつした。同じことを言っているのに、腹のうちはまるで違う。9月の民主党代表選は菅VS小沢の対決構図ができつつある。

私事にわたるが、40年の政治ジャーナリスト生活で、もっとも苦労をし、多くの時間を割いたのは、小沢一郎という政治家が、何を考えているかを推し量り、彼の行動を予測することであった。長いことやっていると、行動が読めることもある。昨年5月11日の民主党代表辞任は読めた。辞任の記者会見が行われたその日の日経新聞朝刊に、民主党は小沢代表のもとでほんとうに総選挙を戦う気なのか、という趣旨の署名記事を書いた。
小沢氏のことを考えるとき、私はだれにも取材しない。小沢氏の胸の内をすべて知っている人物などこの世に存在しない。小沢氏はだれにも語らないから、側近を気取る人ほど、小沢氏の考えがわからないのである。だから私はだれかに聞いたりしない。間違うからである。
ではどうするか。小沢氏がどういう局面でどのように行動したかのデータを自分なりに頭の中に叩(たた)き込み、それをもとに予測するのである。そういう視点で分析すると、小沢氏は驚くほど似た行動を取ることがわかる。
加えて政局はカレンダーによって左右されることが多い。5月の大型連休が明けた最初の月曜日に政局が動くことはよくあるのだ。連休は国会議員たちにとって選挙区回りの重要な時期である。そこで地元の声を吸収した国会議員たちが、永田町へ戻ってその声を吐き出す。そこから政治が動き出すのである。だから、その月曜日の朝刊にこのタイミングしかないと判断して書いた、ということなのである。

小沢氏は代表選に出馬するだろうか。現時点ではじっと党内外の空気を読んでいるところだろう。が、5分5分よりも4分6分で出る可能性のほうが幾分強まってきたように思う。世の中には「小沢神話」というものがある。その代表的なのは、「小沢氏は過去にも総理になろうと思えばなれたのになろうとしなかった。総理になりたくない人間なのだ」というものである。が、これは嘘(うそ)だ。10年ほど前、私との雑誌の対談で、小沢氏自身が明確に否定した。
小沢氏の胸中を推し量るに、おそらく菅首相への怒りで煮えたぎっているのではないか。菅首相はこう言った。「小沢前幹事長にはしばらく静かにしていてもらいたい。そのほうが民主党のためにも、ご本人のためにも、いや日本のためにもなると思う」。これほど屈辱的な言葉を投げつけられたことはないだろう。まして公の場での発言である。
小沢氏は過去を水に流さないタイプの政治家である。必ずや報復するだろう。菅首相を引きずりおろす。そう考えているように思う。合法的に倒せる機会が代表選である。有力な候補者がいなければ、自分が出る、というところまで気持ちが高ぶっており、それが鳩山グループの会合への出席となった。小沢氏はその去就をぎりぎりまで明らかにせず、神経戦で菅首相とその支持者たちを追い込む戦略を取るだろう。小沢氏が出れば、勝つかもしれない。サポーター票は大半が小沢氏側につくようだ。一方で菅首相サイドは「短期間に3人も首相がかわることでいいのか」という国民の声に期待をかける以外にない。数の勝負となれば、菅首相も楽観はできない。

菅首相は小沢氏との一騎打ちに勝ったとしてもその後の政権運営は綱渡りだ。そう長くはもたないだろう。小沢氏が勝つ、すなわち「小沢首相」が誕生すれば、政治とカネへの批判から、政権誕生時の内閣支持率は一桁(けた)かもしれない。小沢氏が矢継ぎ早にさまざまな改革を成し遂げたりすれば、支持率が急上昇する可能性もあるが、検察審査会の出方が注目されているときだけに、情勢は厳しい。民主党にしてみれば菅首相が勝っても地獄、負けても地獄、といったところだろう。いずれにしろ、政策論争抜きで、好きか嫌いか、得か損かという単純な基準で次の「首相」が決まろうとしている。

【中国新聞社・田勢康弘:8/23】



民主党分裂模様の可能性もあるようです。民主党に心ある議員がいるならばこの戦い止めさせないと・・・
by kura0412 | 2010-08-27 17:00 | 政治 | Comments(0)