中間報告が出ましたが

新高齢者医療「75歳以上、86%国保に」

厚生労働省の「高齢者医療制度改革会議」(座長=岩村正彦・東大教授)は20日、現行の後期高齢者医療制度に代わる新たな医療制度の中間報告をまとめた。
新制度は〈1〉75歳以上の高齢者約1200万人(86%)は国民健康保険に、約200万人(14%)は企業の健康保険組合など被用者保険に加入する〈2〉国保の75歳以上の会計については現役世代と別に「都道府県単位」で運営する〈3〉医療費の1割を高齢者の保険料で賄う仕組みを維持する――等が柱だ。
ただ、新制度を運営する費用の裏付けとなる財政問題は中間報告後の検討課題として先送りされた。厚労省は今後、財政試算を会議に提出するが、試算の結果によっては制度設計が難航する可能性もある。

中間報告は、今後の検討課題を列挙し、75歳以上の9割近くが加入することになる国保の運営主体もこの中に含まれた。会議では、現在は市町村が運営している国保について、都道府県側の委員が「市町村広域連合が運営主体となることが適当」との意見書を提出。都道府県が主体とならないようけん制し、中間報告には明記できなかった。
また、現在の後期高齢者医療制度は窓口負担分を除いた医療費のうち、75歳以上が1割を負担。残り9割は公費と現役世代の保険料からの支援で運営しており、この割合をどうするかも検討課題とされた。厚労省はこうした課題を詰めて、年末に最終報告を作成。関連法案を来年の通常国会に提出し、2013年度からの新制度導入を目指すとしている。

【読売新聞】



・何の為の制度改正なのかそのコンセプトがのこの報告では分かりません。
・財源の問題を並行的に進めなければ絵に描いた餅になります。
・ねじれ国会でこの報告が法律案として成立するのは非常に難しいと思います。
Commented by こんなの勃起止まんねぇよw at 2010-08-21 10:12 x

うっひょっひょぉぉぉっ!!ヽ(・∀・)ノ

バイヴ攻めしてたら「ち○ぽ欲しいよぉ~」っておねだりキタ!!
ぶち込んでやったら、そんだけでイキまくってた件wwwww

これで5 万ゲット。。。ウマすぎるwwwww
ttp://ona.g-killing.net/9awci4c/
by kura0412 | 2010-08-21 08:50 | 医療政策全般 | Comments(1)