パーシャル連合で乗り切れるのか

このねじれ国会を菅政権はパーシャル連合で乗り切ろうと考えていますが、果たして可能でしょうか。

マニフェストに謳って民主党政権の政策の軸となる子供手当は、時限立法のため来年度予算に盛り込んでも、関連法案は可決は難しい雰囲気です。また、高速道路無料化も、農家の所得保障も野党の反対で関連法案成立は困難な情勢です。しかも、一歩譲ってその内容を大幅に変えれば、今度はマニフェストとの整合性を追及されます。
これは予算だけの懸案です。
普天間基地移設問題、また、日米関係などの外交問題などの対立を考えると、現状のままでは到底部分連合では乗り切れる予測は立ちません。

では、どうするか?
by kura0412 | 2010-07-29 17:16 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30