この総括でどう党内をまとめるか

参院選 民主総括案「消費税に唐突感」 公約説明不足など指摘

民主党が、参院選での議席減を受け、その敗因を分析した選挙総括の原案が27日、分かった。菅直人首相の消費税率引き上げ発言については「国民に唐突感を与えた」と認めた。党執行部は29日の両院議員総会で正式に総括案を提示するが、党内には執行部の責任を問う声がくすぶっており、批判が噴出することも予想される。
原案は、枝野幸男幹事長や安住淳選挙対策委員長が参院選後、各都道府県連や党所属国会議員に対し行ってきた意見聴取などを基に作成した。

敗因として、首相の消費税発言のほかに、子ども手当などをめぐるマニフェスト(政権公約)見直しの説明不足を指摘。衆院での郵政改革法案の採決の強行や、野党の予算委員会開催要求を無視した国会閉会など、参院選前の強引な国会運営も挙げた。
また、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題の迷走や、小沢一郎前幹事長や鳩山由紀夫前首相の「政治とカネ」を問題視する意見が出ていることから、「(政権交代から)9カ月の政権運営に対する国民の不信感」も認めた。
改選1の「1人区」の惨敗については、自民党に比べ地方議員数の圧倒的な不足によって逆風に抗しきれなかったとして、来年春の統一地方選に向け、地方組織の強化を課題に掲げた。

原案は28日に首相と最終調整した上で臨時の党役員会に諮り、29日の議員総会に提示する。党執行部は議員総会を「ガス抜き」の場として首相続投の流れをつくりたい考えだが、小沢氏に近い議員は9月の党代表選に向け候補者擁立を模索しており、曲折が予想される。

【産経新聞】



この総括の通りだと思います。しかし、国民の気持ちの根底にあるのは、民主党政権の政権能力への疑問と不安であることを率直に認めて再建を目指すべきです。
先ず、党内をどうまとめるか、まとめられるかが最初の試金石です。
by kura0412 | 2010-07-28 10:16 | 政治 | Comments(0)