鳥インフルエンザ感染が

鳥インフル死者137人に インドネシア

インドネシア保健省は1日、首都ジャカルタの女性(34)が鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染して死亡したと発表した。世界最多となっている同国の鳥インフルエンザ死者数は計137人となった。感染者数は166人。
同省によると、この女性はウイルスがまん延するジャカルタ近郊タンゲランの義理の両親宅をたびたび訪れており、6月1日に死亡した。

【共同通信】



この記事をみると既にインドネシアには鳥インフルエンザがまん延する地域があるようです。
しかし、何故これが広がらないのか、また、大きなニュースにならないのか。専門家ではないのでよく分かりません。
by kura0412 | 2010-07-05 14:03 | 医療政策全般 | Comments(0)