この時期での意見であるだけに

民主党の歯科医療改善に対する取り組み

民主党の玄葉光一郎政策調査会長は6月21日、日本歯科医師会と同連盟に「歯科医療改善に対する取り組みについて」の文書を提出した。同文書は、民主党の参院選マニフェストに歯科の文言を明記しなかったが、平成24年の次期診療報酬改定を視野に入れつつ、歯科医療改善のための歩みを着実に進めることを政権与党民主党として約束したもの。文書の要旨は以下のとおり。

民主党の「歯科医療改善に対する取り組みについて」
<略>歯科医療をめぐる厳しい状況に変わりはありません。政権党としての民主党の取り組みはまだまだ十分とはいえないとのご指摘を真摯に受け止めながら、2012年の次期診療報酬改定を視野に入れつつ、歯科医療改善のための歩みを着実に進めていきたいと考えます。
日本は欧州の先進国と比べるとその経済力と比して医療に財源を十分投入していないと言われております。今回、診療報酬が上がったとはいえ、「まだ足りない」とのご指摘は十分承知しております。少子高齢化が進む中、質の高い医療を受ける効率的な医療体制を整える一方で、財源をどう工面していくのか、国民全体の議論が必要であると考えます。
民主党は2008年6月、歯の健康の保持が高齢者をはじめとする国民の健康と質の高い生活を確保するために重要であるという観点から、「歯の健康の保持の推進に関する法律案」を国会に提出いたしました。残念ながら、まだ法制定にはいたっておりませんが、今後も幅広く議論を進めていきたいと考えております。また、歯科医師の需給問題の解消、歯科技工士・歯科衛生士の皆様の待遇改善等の取り組み、そしゃく機能障害について身体障害者手帳交付申請する際、歯科医の診断書を用いることについても引き続き検討してまいります。

<以下、略>6月24日の定例会見で、日歯の大久保満男会長はこの件に関し「今般の参院選における民主党のマニフェストについては、歯科の文言が明示されていなくとも、社会保障、特に診療報酬の引き上げに努力するということであれば、本会は了承する考えであった。今回、自民党のマニフェストも視野に入れ、あえて民主党から『今後も歯科の重要性を十分認識した上で努力する』旨の文書が提出されたことは評価したい」旨の見解を述べた。

【IDN・デンタルタイムス21速報】



選挙を意識しての意見であることは当然で、内容的には特筆するものはなくても、政権与党からの意見ですので重みはあります。果たしてこの文書が選挙結果に影響するか否か。
by kura0412 | 2010-06-28 16:24 | 政治 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30