「厚生労働分野における新成長戦略」

[医療サービス] 厚生労働分野における新成長戦略、創薬開発の促進等

厚生労働省は6月18日に、「厚生労働分野における新成長戦略について」を公表した。これは、政府が同日に公表した新成長戦略の成長戦略実行計画(工程表)のうち、厚生労働分野の施策を体系的にとりまとめたもの。

人口減少社会においては、一人当たりGDPをあげなければ中長期的にはGDP総額も縮小する恐れがあると指摘。そのために、(1)就業率を上昇させる(2)マーケットと雇用を創出する(3)生産性を上げる-戦略を示している。
(3)の生産性向上では、良質な医療サービスの提供として、病床機能分化、専門職種の役割分担の見直しを行うという。また、創薬、医療機器、介護機器(福祉用具)開発の促進を図るとして、現状の問題点や今後の対応を整理している。

http://www.m3.com/tools/Document/WIC/pdf/201006_4/1326_5_1.pdf

【m3.com】



この流れに歯科界も乗らなければ、また置いけぼりを喰らうのですが、読んでみてビビビと感じる部分がありません。
それよりも、基幹病院とのネットワーク作りなどは盛り込まれていても、歯科どころか開業医の位置づけが明確にされていないのが気になりました。
by kura0412 | 2010-06-23 10:59 | 医療政策全般 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30