介護と歯科医療の連携で

同時改定「介護と医療の連携見直す」―長妻厚労相

長妻昭厚生労働相は6月22日の閣議後の記者会見で、2012年度の診療報酬と介護報酬の同時改定について、「介護と医療の連携で、十分でない点も診療報酬的に言えばあると思うので、その部分を見直すことが必要だと思う」と述べた。

詳細な上げ幅や具体的な介護との連携については、「介護ビジョン」や「少子高齢社会の日本モデル」に関する議論を参考にして、2年後に決めていきたいとの考えを示した。
一方、今年度の診療報酬改定については、「かなりメリハリをつけた」と述べた上で、「改善が見られている病院もたくさんある」とした。
民主党が17日に発表した7月の参院選のマニフェスト(政権公約)では、診療報酬について「引き上げに引き続き取り組む」と明記している。

【キャリアブレイン】



介護と歯科医療の連携で不十分な点にはどんな所が挙げられるでしょうか。 しかし、この時期で大臣がコメントだすくらいですので、かなりのハイスピードでW改定は進んでいる雰囲気です。
by kura0412 | 2010-06-22 16:32 | 医療政策全般 | Comments(0)

コラムニスト・鞍立常行が日本の歯科界に直言
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30